設計・開発技術

 モータースポーツ活動で培われた技術や感性を基に、機能・安全性、そして最新技術を反映させた新しいデザインと機能を提案します。 

 カーボンファイバーだけではなく、適材適所な材料を用い、設計・試作・製造までご相談に応じます。

試作・開発をバックアップ

 高精度・高品質なアイテムの開発から製作はもちろん、将来の量産を見据えた設計・開発のアドバイスは最も得意としている分野であり、企業様を最大限バックアップ致します。

トムス設計・開発車両
インタープロトシリーズ”kuruma”

モータースポーツフィールド以外にも対応可能

 設計図がない状態からでも、ご持参のイラストやイメージ図をもとに、丁寧にヒアリングを行い、図面化してショーモデルや試作パーツの設計・製作等、ご相談に応じます。

サービスの流れ

お問合せからデータご納品までの概要をご案内いたします。この流れを原則として進めてまいります。

お問合せ

 設計図を書いたことが無くても大丈夫です。     ポンチ絵やイメージ画像からでも、後ほど丁寧に ヒアリングさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

ヒアリング

いただいた「お問合せ」内容をもとに、細かい部分の材料・形状・用途などの確認、納期や金額などの諸条件について、メールやお電話などでヒアリングさせていただきます。

内容の再確認・擦り合わせ

設計を進める過程で課題が」発生した場合、お客様と内容の確認や修正を行います。

必要に応じ、複数回実施します。

デザインデータ完成

デザインデータ(設計図)の完成。

もし、「設計」のみのオファーの場合は、ここで終了となります。 

ここまでの設計データを①3D形状データ/②2D図面などに変換してお渡しすることが可能です。

◆ここまでのプロセスに対し、ご請求が発生いたします。

◆「設計データ」の”納品方法”は、都度ご相談を承ります。

試作品・製品作成への応用

ここまでのプロセスで作成した、デザインデータを使用して、試作品・製品をご用意します。

カーボンコンポジット品はもちろん、他素材や機械加工品も製作が可能です。